現在進行形で行っている歯科矯正

私は今インビザラインの歯科矯正を行っています。あなたが選んだ大阪の歯医者は歯周病外科治療が重要なポイントで歯科矯正を行って気づいたデメリットは、マウスピースを清潔に保つのが大変なことです。マウスピースは食事の際、変形や変色を防ぐために必ず外さなければいけません。そのため、学校にいる時などはいちいちマウスピースを外したり付けたりしなければならず、ご飯を食べるのにも一苦労です。また、マウスピースも定期的に洗わなければならないし、こまめに歯磨きもしなければなりません。さらにインビザラインをするに当たって、健康な歯を抜かなければならないというのはデメリットだと思います。私の場合は上の歯を2本抜きました。どちらも健康ないい歯だったので、抜く時は少し寂しくなってしまいました。
しかし、やはり不揃いな歯並びがだんだんきれいに並んでいくのは嬉しいですし、自信を持って笑えるようになります。また噛み合わせが矯正されることにより、骨格の歪みが改善されたり、人に好印象を与えられたりというプラスの効果も沢山あります。人生をいい方向に変えるためにも、歯の矯正はオススメです。

歯の矯正を自分でできればいいのにな

歯並びにものすごいコンプレックスを抱いています。いわゆる”がちゃっ歯”なので、人と話をしていると、皆どうしても私の口元に目が行っています。いや、もしかするとそんな事はないのかもしれませんが、自分がコンプレックスを抱いているため、大阪で歯周病治療なら多くの研修に参加している歯科医を選ぼう

 

なので、歯の矯正をしたいと考えているのですが・・。なかなか一歩を踏み出す勇気がありません。理由は「自分の歯(コンプレックス)をいかに歯医者さんとはいえ、見られたくない!」からです。ああ、自分で手軽に歯の矯正ができればいいのになあ。そういう商品ってないんですかね。

 

これだけ科学技術の発達した現代なのに、どうしてそんな簡単な器機が無いんだろう。不思議で仕方ありません。それにしても、日本はまだまだ歯の矯正に対する考え方が低いですよね。世界を見渡してみても、ここまで歯並びの悪い国はありませんよ。どんなに貧しく、治安の悪い国でも、皆歯並びはキレイにしているじゃありませんか。日本もそろそろ歯並びについてしっかりと向き合うべきです。

見た目も悪くつらい思いばかりした歯の矯正

もともと私は出っ歯だったのと、歯周病外科治療もできる歯医者さんは下の歯もガタガタだったので高校3年生のときに審美歯科で矯正を始めました。私は歯を抜く必要があったので、上の前から4番目の歯を左右どちらも抜いたのですが、笑うとそこが見えてしまい歯抜けが分かったのですごく恥ずかしくて笑うときは手で口を隠していました。

 

一番大変だったのは、矯正の装置をつけてから通院のたびにワイヤーを締められるのですがそれがすごく痛かったことです。その日1日は痛み止めを飲んでも痛いくらい、ご飯を噛むときですら苦痛を感じるほどでした。また食後は装置に食べたものが詰まってしまうので毎回はみがきをしないといけませんでした。

 

矯正じたいはまわりにしてる子が何人かいたので装置をつけることは恥ずかしくなかったですが、装置につけるゴムがだんだんと黄ばんでくるのが恥ずかしかったです。これははみがきしても色は取れることはなかったですし、通院のたびに新しいのに取り替えてくれるのですが、通院間近になってくると早く取り替えてほしいと思うくらい黄色になっていました。

 

2年ほどでもう装置は取れて綺麗な歯並びになりましたが、もう二度としたくないくらい見た目も痛みもつらかったです。

我慢するだけの価値はある

歯科矯正して、確か3年目を迎えます
(多分)26の時から始めました~
大阪で歯周病治療する10のポイントはあまりに日常のことになりすぎて、どれぐらいやっているのかちょっと記憶があやふやです

歯並びがめちゃくちゃコンプレックスだったので、20代半ばにして矯正を決意しました。
親知らず4本と上下4本(犬歯の次)を抜歯して、下は完了し、今は上が綺麗に並ぶために頑張っています
うまくいけばあと半年で装置は終了です。

私は顎が若干下向きらしく(えらがないので)、口のキャパシティーに対し歯が大きすぎて、全部が綺麗に並ぶだけのスペースがない、とのことで抜歯をしました。

現時点でも大大大満足で、顎ラインがすっきりし、みんなに小顔になったって言われます
また唇の形も綺麗になり、口紅を塗るのが楽しくて仕方ありません
横顔にも自信が持てるようになりつつあります

装置を付けていると、最初ギョッとする人もいるみたいだけど、昔より恋愛の出会いも増えました
埋没していた親知らずを抜いた時は、アオタンみたいになったり、口内炎とかいっぱいできて大変だったけど、大変さを我慢するだけの価値はあると思います。

痛みは一時だけど、綺麗な歯並びはその後の人生に大きな影響があると思います!今では、自宅でホワイトニングしたり歯の美容に気遣っています。

20代の歯の矯正で美しく

私の友達は、20代のころに歯の矯正をしました。大阪で歯周病治療するなら予防の内容から20代の頃というと、女性にとって一番肌もきれいで輝いている時期でもあります。飲み会や会社でいろんな出会いの場があります。彼女は、高校生の時から鏡をよく見ていました。自分のことを観察していたのです。

 

小学生の時から彼女をしっていたのですが、歯並びが悪くて当時から悩んでいました。今でいえば、前歯がすきっぱで、歯並びがガチャガチャなのです。そのせいか、口も常に半開きの状態だったのです。飲み会にいっても、なかなかもてませんでした。そして、彼女は決心したのです。わたしは、大学生のとき歯科でバイトをしていました。

 

その歯科はけっこう有名で、昔さんまさんの番組にでていた美女もそこで歯の治療を受けていたのです。それを彼女に話したら、歯の矯正をしに来たのです。前歯をすべて数十万ものお金を払ってきれいにしたのです。わたしは、びっくりしました。みちがえるように真っ白な歯になり、うまれかわって生き生きとした彼女の姿です。その後、飲み会にいくと歯並びがきれいだねと男性から言われモテました。