横向きに突き出た親知らずの治療

これまでに何人の歯医者さんに敬遠されただろうか。
普通の歯の治療で通った歯科医の先生には何も言われずにほっとかれて、別の歯科医に行ったときにも何も言われませんでした。
そして時がたって、また違う歯科医に行ったときに訊いてみると、「あっ! これね~ これはこれでねー んー」。答えになっていません。
結局私の親知らずには誰も触れずじまいでした。
左下に、親知らずが横向きに突き出てきたのは、二十歳の頃でした。
はじめは違和感があったものの、特に異常が出るわけではなく、面倒なのでそのままにしていました。
しかし、やはり、歯磨きが上手くできなかったり、噛み合わせが悪くて食事がおろそかになったりします。そして、だんだんとストレスが溜まるようになったのです。
そこで、思い切ってその歯を抜くことにしました。
調べてみると、口腔外科であれば手術ができるとのこと。
そして、その親知らずを抜歯するためだけに、通院することにしたのです。
病院へ行くと、先生は快く手術を承諾してくれました。
手術は、技術的には大変そうでしたが、20分ほどで終わりました。痛くもなくアッという間です。
そして、受付でもらった明細書には、たった1000円ほどの金額が記されているではありませんか!
こんなに簡単に処置できるのなら、もっと早く抜いておけば良かった、と思わずにはいられませんでした。