歯列矯正中はどうしても虫歯になりやすい

歯列矯正中は器具をつけるため、歯を磨きにくくなります。そのため虫歯になりやすくなります。虫歯にならないように、歯磨き指導をしているところが多いです。ですが、どうしても虫歯になってしまった時は器具を外して虫歯の治療をするようになります。一回削って終わりならまだいいのですが、もしも神経を抜くような時間のかかるような治療になると大変です。また、金属をつめるような治療になると噛み合わせの問題もあります。ある意味、虫歯になりにくい人は歯列矯正もスムーズに行くのではないでしょうか。私は歯列矯正をしている時にしょっちゅう虫歯になって器具を外していたので、最初予定していた期間よりも長く矯正の時間がかかりました。歯列矯正をすると見た目がいいだけではなく、歯並びがきれいなり歯と歯が重なって歯が磨きにくいということもありません。歯も磨きやすくなるので虫歯になりにくくなると聞いたことがありましたが、歯列矯正中は気をつけておく必要があると思います。